【私たち夫婦の避妊活・21】避妊目的のピル服用で1年間にかかる費用はいくら?

今回のテーマは「今後出産予定がない夫婦」を対象に描いています。なかなか人には話さないような女性の気持ちや夫婦間のすれ違いなどを描きますが人によっては読みたくない内容になるかもしれませんので、まずなぜ私がこの記事を描こうと思ったのかを書いた「はじめにお読みください」を読んでもらえたらと思います↓
はじめにお読みください

ご注意


sponsored link

私が1年間ピルを飲み続けた理由

前回のお話はコチラ

 

避妊活21

 

 

 

 

 

 

避妊活21

 

 

 

 

 

避妊活21

 

毎日同じ時間にピルを飲むことは意外と大丈夫だったけど副作用のツラさから「もうやめてしまいたい」と思うことは何度もありました。

ただ、ピルを飲み始めるときに1年間は飲もうと決めていて

副作用のツラさや、どれくらいの期間で身体が慣れるかなどを知ることで娘達が将来ピルを飲むことになった際に経験として分かってあげれるかもしれないという気持ちが大きかったです(飲むかどうかわからないけど)

また、誰しもが必ず経験する訳ではないこのピルを飲むことが身体にどう作用するのかをブログを通じて知ってもらえたらいいなと思っていました。

ピル服用で1年間にかかる費用はいくら?

さて、そんなこんなで1年経ちました(副作用についてはまた後日書く予定です)

かかった費用

初受診日(2019年3月)

・初診料:3,000円 ・薬代:3,000円(1ヶ月分)

初診の次の月(2019年4月)

・再診料:1,500円 ・薬代×3ヶ月分:9,000円 ・HRTセット(血液検査?):4,340円

その後7月~、10月~の薬代(ピル代のみ、受診なし)

・再診料:1,500円 ・薬代×3ヶ月分:9,000円×2回

1週間おきに来る生理の相談

・初診料・再診料・超音波検査:2,450円

12月~の薬代

・再診料:1,500円 ・血液検査(判断料含む)・薬代×3ヶ月分:9,450円(値上がり?)


合計:57,260円/年

ミレーナは体内に入れて問題なければ約5年間有効で1回4~8万円だから、コストや副作用を考えるとピルよりもお金も身体への負担も少ないかもしれない

※女性主体の避妊方法の金額やメリット、デメリットは避妊活15話を参照してね↓

あわせて読みたい
【私たち夫婦の避妊活・15】たったこれだけ?女性主体の避妊方法は●種類しかない 【ご注意】   【避妊方法と言えば、何を思い浮かべますか?】 まず一番最初に思い浮かぶもの コンドーム 1年間の失敗率 (100人の女性が1年間に妊娠する率) ★理想...

1年ピルを服用した私が決めていたこと

避妊活21

 

 

 

 

 

避妊活21

 

 

 

 

 

 

 

避妊活21

 

 

 

 

 

 

 

 

避妊活21

あとがき

前回の記事で夫の他人事具合を書きましたが、あれから夫は変わりませんでした。

血栓症予防のために足のマッサージをしてあげるね

と言ってくれましたが、自分からマッサージをしてくれることは1度もありませんでした。(私がお願いしたらやってくれましたが2回だけ)

夫は最後まで他人事。

避妊のことは夫婦2人のことなのにね。
1年間の間、身体の調子をこまめに伝えたりキツいときは助けて欲しいとしっかりアピールしましたが・・・ダメでした。残念。

だったら、当事者になってもらうしかないよね。

 

1年経ち私はずっと心に決めていた提案をしました。

そう、パイプカットです。

続きはコチラ
前回のお話はコチラ このお話をはじめから読む

 

シェアしてね!